簡単なアシスタント業務から経験を積める

正社員の秘書の求人数は全国的に少なく、大手企業で長年の秘書業務の経験がある人や、語学やコミュニケーション力に長けた人でなければ採用されにくい状況となっています。そこで、実務経験やスキルが無くても秘書として働きたい人は、アシスタント業務がメインの派遣の秘書の求人に応募をするのがおすすめです。企業によっては、人件費カットのために正社員の秘書の採用数を減らす一方で、秘書業務の経験が全くない人をアシスタントとして採用しているところが少なくありません。そうした中、将来につながる秘書のキャリアを積みたい人は、アシスタントであっても働きながら一通りの秘書業務を体験できる職場を見つけることが大切です。

好きな職場で長く働くなら正社員登用制度の有無を確認

派遣の秘書の仕事選びをする時に重視する点は、人それぞれの年齢や価値観、経験、希望年収などによって異なります。たとえば、好きな職場で秘書として長く働きたい人は、日々の勤怠や仕事上での成果に応じて正社員への登用を行っている企業を探しましょう。大手企業の中には、秘書の正社員登用の実績について、自社の採用ページや派遣会社を通じて公開しているところもあります。

そのため、採用面接に向けてじっくりと気になる企業の事情を調べておきましょう。一般的に、派遣の秘書として採用された際の年齢が高い人や、年間の出勤日数が少ない人は、優秀であっても正社員登用の対象となりにくいため注意が必要です。その他、派遣社員から正社員になった場合に、一日の勤務時間や毎月の休日日数が大きく変化することもあるため、希望通りに働けるかじっくりと判断しましょう。

秘書の派遣は、アシスタントとしての業務が中心となりますが、長期の実務経験や特殊な能力が必要とされず、若年者も働きやすくなっています。