企業のホームページをチェック

外資系企業に就職するなら、就職したい企業のホームページをチェックすると募集を見つけられることがあります。企業が直接的に募集している求人で、その企業で求人がある全ての部署がわかります。「どの部署でもいいからこの企業で働きたい!」という場合は、思わぬ空きポジションを見つけることもできるのでおすすめです。

転職サイトをチェック

転職サイトは数多くの企業の求人情報が掲載されているため、条件を絞って働きたい外資系企業を見つけることができます。部署や年収など細かく指定して検索できるので、得意の分野の求人が見つけられるでしょう。色々な外資系企業の労働条件や給与などを比較しやすいのが利点です。ただし、多くの人が見るため、条件の良い企業や人気のある企業の求人は競争率が高いうえ、求人募集もすぐになくなってしまいます。優良な外資系の転職先を見つけるためにはタイミングも大切になります。

転職エージェントを利用

転職エージェントは、登録すると専任のアドバイザーがぴったりの仕事を紹介してくれるというものです。外資系企業で働きたいことを伝えると、年収や労働条件、スキルなどに合わせた外資系企業を紹介してくれます。一般的に公開されている求人情報だけでなく、非公開案件といって登録者しか見られない求人案件を抱えており、労働条件が良く競争率の少ない求人情報を紹介してもらえるというメリットがあります。履歴書の添削や面接のアドバイスもしてくれるので、採用される確率が高くなります。

外資系求人は実力主義の人材を求めるイメージがあり、実際にそのようなケースが多数です。経験も大切ですが、未知の分野でも躊躇せずに飛び込む行動力こそが外資系に喜ばれる人材と言えるでしょう。