残業時間の幅が広いのはNG

ホワイトな工場で働くためには、記載されている残業時間の幅をチェックする必要があります。残業時間5時間~8時間など、時間の幅が狭い場合は毎月どれぐらいの残業があるか想像がつきますが、10時間~20時間などと10時間も差が開く場合は注意が必要です。10時間~20時間の場合、残業が20時間である月がほとんどで、閑散期のみ10時間であることが多いでしょう。繁忙期はさらに残業が増え、月に40時間~60時間の残業があるかもしれません。

何を製造している工場なのかチェック

工場は製造物によって労働環境が大きく異なります。ホワイトだとされているのは食品や薬を製造する工場で、温度管理や衛生管理もしっかり行われており働きやすいでしょう。基本的にエアコンがきいた空間での仕事となるため、身体的な辛さが軽減されます。自動車製造工場は、力仕事が多いうえに、担当場所によってはエアコンがきいていない場合もあるため体力を消耗します。ただし、自動車製造工場はその分給料も高めに設定されています。

幅広い年齢層が働いている方が良い

幅広い年齢層が働いている工場は、ホワイトである確率が高くなります。若者しか働いていない工場の場合は、年齢が高くなると働きにくくなる可能性が高く、高齢者ばかりが働いている工場は人間関係の風通しが悪く新しいスタッフが働き辛いことが予想されます。年齢層が偏っている職場は、偏りのある世代のみが優遇されている確率が高く、他の世代にとって居心地の悪い工場の可能性が高くなります。年齢層もチェックして決めるようにしましょう。

愛知の工場の求人には種類があります。製造業というと仕事がきついというイメージがあるかもしれませんが加工・組み立て、オペレーターや検査といろいろな職種があるので自分に合った仕事を見つけることができます。