一陸特の資格を活かせる業界

一陸特とは第一級陸上特殊無線技士を略した無線に関する資格です。通信サービスを始めとした無線設備を扱える国家資格で、テレビ局を始めとした放送関係、携帯電話などの電気通信事業などで活躍できます。放送業界で働く人は、中継設備の操作やメンテナンスが主な仕事です。内勤がメインですが、技術者として中継車に乗ってロケに帯同することもあります。電気通信の業界では基地局の選定、ネットワークセンターの運営や管理が主な役割です。

資格の取得によるメリット

資格の取得によって得られるメリットの一つに安定した仕事の確保が挙げられます。国家資格に分類される一陸特は取得の難易度が高く、合格率の平均は30%と低めです。通信事業の需要が右肩上がりに伸びる一方で資格の保持者が少なく、どこの業界でも人材不足に頭を悩ませています。資格を持っていれば経験を問わず無条件で採用されるケースも珍しくありません。自分の希望する条件で働ける待遇の良さは、高いハードルを乗り越えて国家資格を取得した人だけが得られるメリットと言えます。

高難度の試験に合格するための対策

数ある国家資格の中でも一陸特は特に取得が難しく、繰り返し試験に挑戦する人も少なくありません。合格率30%の高いハードルを乗り越えるには、ただ過去問を繰り返すだけでなく得手不得手を明確にすることが重要になります。自分の苦手分野をノートに書き出して時間を割いて克服していくことが合格に近付く一歩です。一陸特の試験は計算問題が合格に影響しやすいと言われています。苦手の克服と合わせて計算専用の問題集を繰り返し解くことも忘れてはいけません。

一陸特とは、一級陸上特殊無線技士の略で、陸上の無線局で仕事をするための国家資格です。試験は無線工学と法規の2科目で、合格率は30パーセント前後と難関です。