各地を回る長距離のドライバーは拘束時間や休日に注意

トラックドライバーの仕事は、地域差はありますが全国的に見て求人数が多く、失業や収入減などのリスクが低いといった特徴が見られます。例えば、運送会社の長距離ドライバーは、仕事上で高速道路から一般道路まで様々な地域を回るため、顧客や取引先までのルートを覚えたり、正しい運転技術を身につけたりする必要があります。また、荷物の量やドライバーの勤務状況によっては、一人のドライバーの拘束時間が長くなったり、希望通りに休日を取れなくなったりすることもあります。こうした悩みを解決するには、求職中に数ある会社の中でも新人のドライバーへのサポートが行き届いているところや、人員配置に余裕があり業務の負担が少なきところを探しましょう。

同じ地域で働くなら転勤の可能性が無い会社を選ぼう

地域に密着した宅配業者や物流会社などでトラックドライバーとして働く場合は、長距離ドライバーと異なり毎日同じルートの仕事を任されるのが一般的です。特に、トラックの運転だけでなく、個人宅へのセールスも担当するドライバーは、上級の役職に就かなければ転勤の心配をせずに働き続けることが可能です。ドライバーの定着率アップを目標としている会社の中には、実家の近くで働きたい人をターゲットとして、定年まで転勤がない条件で採用活動を行っているところも少なくありません。そのため、各社の採用ページや最新の求人情報をチェックして、ドライバーの転勤の有無や条件について調べたうえで採用選考を受けるのがおすすめです。

トラックドライバーの求人は、キャリが豊富なベテランドライバーだけでなく、免許を取得して間もない若者をターゲットとしたものまで様々です。